2019年02月17日

第4回 小城清水寒鯉まつり♪

みなさま、おはようございます。
武雄市周辺の梅の花も見頃を迎えております♪

佐賀県小城市「清水の鯉」の美味しい時期がやってきました(*´▽`*)

_DSC1975__large.jpg


この時期しか味わえない脂ののった寒鯉が食べれます!
また、鯉はコラーゲンが豊富だそうです!

佐賀県小城市にある清水の滝。その滝の水は全国名水百選にも選ばれたほどの清流で、その清流にさらされた鯉を使った鯉のあらいや鯉こくなどの料理は小城の名物として知られています。

2月28日(木)まで小城市小城町清水に軒を連ねる鯉料理店6店舗において、寒い時期が旬の『寒鯉』の美味しさを楽しめるイベント『第4回 小城清水寒鯉まつり』が開催されます。
脂の乗りが良いこの時期ならではの「寒鯉の刺身」を振る舞いで楽しめたり、店舗によってはオリジナルメニューも味わえます。
夏場の鯉とは一味も二味も違う『本当に美味しい』鯉の味をこの機会にぜひご賞味ください(^O^)/


●寒鯉まつり加盟店●

・滝見屋
 佐賀県小城市小城町松尾2222 TEL.0952-72-3895
・清水屋
 佐賀県小城市小城町大字松尾2224 TEL.0952-72-2701
・清竜
 佐賀県小城市小城町松尾2252 TEL.0952-72-2714
・鯉御殿
 佐賀県小城市小城町松尾2234 TEL.0952-73-4151
・鯉しげ
 佐賀県小城市小城町松尾(清水)2261 TEL.0952-72-2008
・白滝
 佐賀県小城市小城町松尾2282-2 TEL.0120-04-5159 / 0952-73-3323



当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(^_-)-☆

posted by 御船山楽園ホテル at 08:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月15日

吉野ヶ里歴史公園(神埼市・吉野ヶ里町)

おはようございます!
本日は、吉野ケ里遺跡をご紹介いたします。
L3444520004793376.jpg




吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、神埼市と吉野ヶ里町にまたがり、推定延長2.5kmの壕に囲まれた日本最大級の規模の弥生時代の環壕集落(かんごうしゅうらく)跡です。 この中からは、多数の住居跡、高床倉庫群跡、3,000基を超えるかめ棺墓、弥生時代中期の王族の墓である墳丘墓(ふんきゅうぼ)などが発掘されています。墳丘墓からは、高度な技術を要する有柄銅剣やガラス製の管玉などが出土し、大陸との交流をうかがわせます。 平成元年に一般公開されたときは、中国の史書「魏志倭人伝(ぎしわじんでん)」に記された邪馬台国の姿を彷彿させ大きな話題となりました。 吉野ヶ里遺跡は、朝鮮半島経由で伝わった米作り文化を取り入れたムラが、クニの中核集落へと発展していく姿をたどることができる貴重な遺跡です。遺跡には、物見やぐら、竪穴住居等が復元され、弥生時代の雰囲気を体験できます。併設の展示室では出土品などを見学できます。 また、2001年4月にオープンした吉野ケ里歴史公園は、広大な敷地を入口ゾーン、古代の森ゾーン(現在整備中)、環壕集落ゾーン、古代の原ゾーンと4つのゾーンに区分けし、弥生時代を十二分に体験できる空間となっています。入口ゾーンでは、吉野ケ里歴史公園の利用に関わる様々な情報を知ることができ、環壕集落ゾーンでは、弥生時代の建築物である主祭殿や物見櫓の見学、弥生人の生活や文化なども体験できます。古代の原ゾーンでは、広大な芝生の中に物見櫓風の木製大型遊具などがあり、体を動かして楽しむことができます。
2005年4月には、王たちの住まい『南内郭』の再整備が完了し、新しく生まれ変わりました。吉野ヶ里集落のシンボル的役割を持っていた「物見櫓」をはじめ、「王の家」「集会の館」等々、当時の生活を彷彿とさせる建物群が鮮やかに蘇っています。
posted by 御船山楽園ホテル at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月13日

春の色♪

みなさま、おはようございます。
あっという間に2月も半ばでございます。

大好評いただいております御船山楽園ホテルで常設展示中のチームラボの作品『森の中の、呼応するランプの森とスパイラル - ワンストローク』
2月15日から【春の野山】へランプも色が変わります(*´▽`*)

52141359_2262457180442995_6997756246476455936_o.jpg


近代以前、日本では「かさねのいろめ」という、表の色と裏の色の組み合わせ(当時の絹は薄かったので裏地が透けたため複雑な色彩となった)や、重なる色彩のグラデーション、織りの縦糸と横糸の組み合わせなど、複雑な色彩に、季節の色の名前がついていた。
表と裏の色の組み合わせからなる「かさねのいろめ」を、ランプが強く輝いている時と輝きが弱くなった時に当てはめ、春の「かさねのいろめ」である、山吹(やまぶき)・裏山吹(うらやまぶき)・青山吹(あおやまぶき)・花山吹(はなやまぶき)・桃(もも)の5色でランプは輝きます。

https://www.teamlab.art/jp/e/mifuneyama_lamp/

当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(^_-)-☆

posted by 御船山楽園ホテル at 09:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月12日

佐賀城下ひなまつり♪

みなさま、おはようございます。
車のフロントガラスが凍るぐらい寒い朝でしたが日中はいいお天気になりそうです(*´▽`*)


佐賀の”まちなか”が、華やかなひな人形に彩られる「佐賀城下ひなまつり」が、
昨日よりスタートしました。
今年は「シルバニアファミリー」(エポック社)とコラボしたスペシャル企画などみどころ満載!

yjimage.jpg


期間中は市内各所に合計約5000体の多彩なひな人形やひな道具が展示されるほか、さまざまなイベントも同時開催されます♪

■日時
2/11(月・祝)〜3/31(日)、10:00〜17:00
(通常の開館時間とは異なります)
■会場
佐賀市歴史民俗館(佐賀市柳町2-9)、徴古館 ほか
■入場券
前売り共通券=550円(2/10まで販売)
当日券=共通券600円、徴古館券300円、佐賀市歴史民俗館券400円(小学生以下入場無料
※徴古館、佐賀歴史民俗館(旧古賀銀行・旧古賀家・旧三省銀行・旧福田家)は入場券が必要。
 そのほかの施設は入場券なしに見学できます



当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(^_-)-☆

posted by 御船山楽園ホテル at 09:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月11日

唐津焼♪

唐津焼は、楽焼、萩焼と並ぶ「日本三大茶陶器」のひとつ。茶陶とも呼ばれ、昔から茶人に愛されてきました。
51350046_2203901493001084_4373925416423915520_n.jpg



唐津(からつ)焼は、唐津市北波多(きたはた)の岸岳(きしだけ)で始まったといわれています。
そこに残る古窯跡は、竹を真っ二つに割ってふせたような形から割竹式登り窯といわれていますが、朝鮮半島の技法を伝えるものとのこと。
大陸とこの地の関係の深さがわかります。
岸岳を治めていた波多氏断絶後、岸岳古唐津の陶工たちは、豊臣秀吉の朝鮮出兵、文禄・慶長の役(1592〜1598)によって連れてこられた朝鮮の陶工たちと共に、松浦(まつうら)古唐津、多久(たく)古唐津、武雄(たけお)古唐津、平戸(ひらど)古唐津を形成していきます。
多久古唐津を開窯していた李参平(りさんぺい)は元和2(1616)年有田泉山で磁鉱石を発見。
陶器から磁器へと転換し、やがて有田焼を誕生させます。
これにより多久古唐津と平戸古唐津は消滅。
残った松浦古唐津は唐津藩の御用窯として、武雄古唐津は日常生活雑器を作る民窯として、その技を現在まで伝えています。
唐津焼の魅力は、使うほどに味わい深く、艶やかになっていく使い心地。第一級の茶道具として評価されるのもうなづけます。
現在でも飾らないシンプルな絵付け、温かみのあるさわり心地は健在で、50近くの窯元があります。





ご宿泊・御船山楽園のお問い合わせは、
お気軽に御船山楽園ホテル
【0954-23−3131】までお願いいたします。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!(^^)!

posted by 御船山楽園ホテル at 09:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月09日

群雄割拠!春の陣♪

みなさま、おはようございます。
雨の朝になり外の空気もひんやりとしています。

みふね茶屋で行われる"群雄割拠!
春の陣"では、前回大好評だった手火鉢を再び。

51350046_2203901493001084_4373925416423915520_n.jpg

炭火の温かさを感じながら、手火鉢で炙ったおもちをぜんざいでお召し上がり頂けます(^O^)/

ぜんざい・ほうじ茶の器が、それぞれどの窯元の作品になるかお楽しみ(^^♪

今回は武雄焼だけでなく、肥前やきもの圏の他地域の窯元さんも参加されます。

●手火鉢で炙る ぜんざいセット 600円
 (ほうじ茶とお漬物付)
【会期】2月8日(金)〜 11日(祝・月)
【営業時間】午前9時〜午後5時
     (最終入館は午後4時30分)
【会場】日本庭園「慧洲園」公益財団法人 陽光美術館
    佐賀県武雄市武雄町武雄4075-3
     TEL 0954-20-1187

当館よりお車で5分程の場所にございます。
是非、足をお運びください(^_-)-☆

当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(^_-)-☆

posted by 御船山楽園ホテル at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月06日

貴賓室でゆったりと♪

本日は、当ホテルの貴賓室について御案内致します!

貴賓室「老松の間」は、佐賀県の鍋島藩、
鍋島家第11代直大公の居間として使われたお部屋でございます。
この鍋島直大の父である、第10代藩主の鍋島直正は
あの坂本竜馬から
「幕末の三賢侯」と称された人物です。

本間の折り上げ格天井はその当時の栄華をしのばせております。
お泊まりになられたお客様の思い出に残るお部屋と言えるでしょう。
歴史のひと時を感じながら、ゆっくりとお泊りになるのもいいものかと存じます。

皆様のご来館、心よりお待ち申し上げております。L3444520005108191.jpg
posted by 御船山楽園ホテル at 08:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月05日

有田雛(ひいな)のやきものまつり♪

みなさま、おはようございます。

本日は「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」のご紹介です。



L3444520004787616.jpgL3444520004787616.jpg
つややかな白磁の肌に精巧な着物の絵付けが施された、美しい有田焼のひな人形が有田町内に飾られます。

今年は土・日・祝日限定で無料の「ガイド付き有田周遊ひいなバス」を運行。
このバスには、有田のまちなかガイドが乗車し、有田焼のひな人形や町の見どころをご案内しますので、初めて有田を訪れる方にもオススメです!!
また、多彩なまちあるきメニューや、初心者向けの着物の着付けセミナーも開催されます♪

古民家・小路庵(しゅうじあん)では、フレンチシェフが作る"オトナ女子の古民家ランチ"をお楽しみいただけるほか、町内23のお食事処でも、春を感じる期間限定メニューが提供されます。

やきもののひな人形が町内一円を彩る、有田ならではのひなまつりをごゆっくりとお楽しみください。

また「第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり」特設WEBページでは、今後おまつり期間中の新しい情報を追加していきますので、是非ご覧ください。



*第15回有田雛(ひいな)のやきものまつり*
 【期間】2月9日(土)〜3月17日(日)
 
 【場所】有田町内各所・伝統文化の交流プラザ「有田館」

 【問い合わせ】有田観光協会 TEL:0955-43-2121





ご宿泊・御船山楽園のお問い合わせは、
お気軽に御船山楽園ホテル
【095423−3131】までお願いいたします。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!(^^)!




posted by 御船山楽園ホテル at 08:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月03日

御船が丘 梅林茶屋♪

みなさま、おはようございます。

御船山の東山麓一帯に広がる「御船が丘梅林」では、梅の開花が進み、例年より一週間早く茶屋がオープンしました。

50995003_2196859710371929_7627797518956363776_o.jpg


一足先に春を感じたい方におすすめのスポットです。
ぜひ、名物の「梅の花餅」もお召し上がりくださいね!

*御船が丘梅林 観梅まつり
 期間:平成31年2月2日(土)〜3月21日(木・祝)
場所:御船が丘梅林(佐賀県武雄市武雄町武雄5166)

*御船が丘「梅林茶屋」
平成31年2月2日(土)〜3月21日(木・祝)
営業時間:10:00〜16:30

問合せ:御船が丘梅林(期間中繋がります。)
    電話 0954-22-2010

御船が丘「梅林茶屋」(Facebook)はこちら⇒https://www.facebook.com/御船が丘梅林-茶屋-463146527068225/

当館よりお車で5分程の場合にございますので是非足をお運びください(*´▽`*)


当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(^_-)-☆
posted by 御船山楽園ホテル at 08:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年02月02日

忍者村〜♪

みなさま、おはようございます。
本日はお隣、嬉野市にございます『忍者村』のご紹介でございます(*^_^*)


L3444520004781783.jpg



江戸時代を再現した九州唯一の忍者村テーマパークです。

ちびっこ忍者アカデミー、コスプレ撮影会、忍者ショーなど子供から大人まで楽しめる多くの催し物を開催しています。

江戸時代を観て、触れて体験できる忍者村(肥前夢街道)へ是非、足をお運びくださいませ(^_-)-☆



★予約・お問い合わせ★
 電話番号:0954-43-1990

★営業時間★
  平日・・・9:00〜16:00
 土・日・祝・・・9:00〜17:00








ご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
当ホテルのHPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!


皆様のお越しをスタッフ一同、心よりお待ち申し上げていおります!(^^)!
posted by 御船山楽園ホテル at 09:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月31日

当ホテル大浴場「らかんの湯」のご案内♪

皆さん、おはようございます!

いかがお過ごしでしょうか?

本日は当ホテルの大浴場についてご案内します♪

皆さん、らかん(羅漢)とは何のことかご存知でしょうか?
羅漢とは仏教を修行している修行僧の方々のことです。

当館の風呂「らかんの湯」は奈良時代の名僧行基作の「五百羅漢」のすぐ隣にあり、湯上りに参拝やご利益水を飲むことができます。1250年もの永きに渡り、御船山と訪れる人々を優しく見守ってきた五百羅漢のように、やさしい温泉が旅の疲れを癒してくれます。
当ホテルの「らかんの湯」で歴史を感じながら
ゆっくりと心と体をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。


※ シャンプー・リンス・ボディーソープ・フェイスタオルは大浴場に設置しております。 また、浴衣、バスタオル、ハブラシ、カミソリ等は客室にご用意致しております。

御不明点などございましたら、下記のお電話番号まで御連絡下さい。

御船山楽園ホテル  TEL 0954-23-3131
L3444520004956541.jpg
posted by 御船山楽園ホテル at 08:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月29日

うれしのあったかまつり♪

みなさま、おはようございます。
氷点下の朝でございましたが日中はお天気になりそうです(^_^)

本日はお隣、嬉野市で開催中の19年目を迎える冬の風物詩「うれしのあったかまつり」のご紹介です。

main1200_attaka.jpg



長崎街道の宿場町であった歴史や地元に伝統の鍋野和紙があることから"和の灯り"をテーマとし、"やわらかさ"、"なごやかさ"、"あったかさ"のあるおもてなしでお客さんを迎えています。
ランタンアーティスト三上真輝氏と多くの嬉野市民が数ヶ月をかけて共同で製作した日本最大規模のランタン空間作品「なまずの寝床」が嬉野市体育館に出現。

今年は新たに数種類のランタンと灯りの演出、ランタン空間内イベントなど、昨年と違った趣向で皆様に美しい灯りの世界をお届けします。

『うれしのあったかまつり』https://spa-u.net/18.php

『宵の美術館公式サイト』https://www.yoinobijutsukan.com/



日時:2019年1月26日(土)〜2月11日(祝・月)
場所:嬉野市体育館 ※無料駐車場有
時間:平日:開場17時 閉場22時(最終受付21時30分)
   土日祝日:開場15時 閉場22時(最終受付21時30分)
入館料:大人500円、小中高生100円、幼児無料
※入館料は製作協力金として全て作品のために生かされます。

お問合せ:(一社)嬉野温泉観光協会 TEL:0954-43-0137

当館よりお車で20分ほどの場所にございますので是非、足をお運びください(*´▽`*)

当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!

posted by 御船山楽園ホテル at 08:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月24日

呼応するランプの森

おはようございます!
皆様はいかがお過ごしでしょうか?

本日は、ホテルロビーにございます『呼応するランプの森』をご紹介♪

https://blog.sakura.ne.jp/cms/asset_proxy/a/mifuneyama.sakura.ne.jp/sblo_files/mifuneyama/image/E38198E38283E38289E38293-be84a-thumbnail2.jpg?1548285823275

人がランプの近くで立ち止まり、しばらくじっとしていると、最も近いランプが強く輝き、そしてそのランプの光は、最も近い二つのランプに伝播する。
伝播したランプの光は、それぞれ同じように強く輝きながら、最も近いランプに伝播し、同じように連続していきます。
伝播していく光は、必ず、全てのランプを一度だけ強く輝かせ、必ずはじめのランプに戻ってくる。つまり、人に呼応したランプの光は、二つに分かれ、それぞれ全てのランプを1度だけ通る一本の光のラインとなり、最後に、起点となった最初のランプで出会います。

伝播していく光が、他の人が起点となった光と出会い通り抜ける時、光が出会った場所のランプは、それぞれの光が合わさって輝き、そこに長く残っていく。

こちらの作品は、一般のお客様もホテルロビーにございますカフェをご利用頂ければご見学いただけます。

カフェ:応灯楼
営業時間
11:00〜21:00(ラストオーダー20:30)

御宿泊のお客様はいつでもお楽しみいただけます♪

御船山楽園ホテルへのご宿泊日、お問合せはお気軽にお電話にてお問い合わせください。
TEL:0954-23-3131
posted by 御船山楽園ホテル at 08:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月20日

〜大寒〜

みなさま、おはようございます。

さて、本日1/20は2019年の大寒になっております。

L3444520003728021.jpg


「大寒」は大寒の始まりの日を表す意味があり
二十四節気の立春までの間までが大寒の時期にあたります。
簡単に表すと、太陽の動きを四季に分け、さらに6分割した考え方になるそうです。

暦の上では一番寒い時期の事を表している日になるのですが、実際に日本の季節に沿って言うと数 
日の間ズレがあるそうです。


この大寒に汲んだ水は痛まないとされており、味噌やお酒を造る水の確保がされていたといわれます。
また、邪念を払ったり、気を引き締める事がこの日の意味としておかれている事から寒稽古が
この時期に行われたり、水行をするなどで邪を払う日としても大事にされているのが大寒の日
だそうです。

こんな寒い日も御船山楽園は、年中無休で開園いたしております。
これから春にかけて花を咲かせる深緑の木々と御船山の灰色のコントラストが
日本画のような印象を与えてくれます。

冬の雄大な御船山もぜひご覧ください。


当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル〔0954-23-3131〕まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(^_-)-☆
posted by 御船山楽園ホテル at 08:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月19日

冬の候(*^_^*)

みなさま、おはようございます。
寒い日々が続いておりますが、皆様、お風邪など召されませんようにお過ごし下さいませ。

当ホテル敷地内にございます御船山楽園は、年中無休で営業いたしております。
L3444520004235778.jpg



この冬の季節、お花はお楽しみ頂けませんが、広大なお庭になっておりますので

ごゆっくりご散策頂けます(*^_^*)

武雄第28代武雄領主の鍋島茂義公が作られたお庭になります。

背後には、神功皇后が新羅からの帰りに御船をつながれたことに由来する
(または、その山の形が御船を思わせるからという由来もあります。)
武雄のシンボル、標高210メートルの御船山がそびえ立ちます。

その御船山の断崖を借景に、茂義公が約3年の歳月をかけて1845年(弘化2年)に完成させたのが御船山楽園です。
15万坪を誇る壮大な池泉回遊式庭園です。
 
造園にあたって茂義は、室町時代から江戸時代まで幕府の御用絵師を務めた狩野派の絵師を京都
より招き、今でいう完成予想図を描かせています。

時空を超えて届いてまいります息吹をぜひご堪能頂ければ幸いです☆

御船山楽園ホテルにお泊まりのお客様は、宿泊日、ご出発当日は無料で御船山楽園にご入園頂けます。

ご宿泊・御船山楽園のお問い合わせは、
お気軽に御船山楽園ホテル
【0954-23−3131】までお願いいたします。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!(^^)!
posted by 御船山楽園ホテル at 09:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月15日

鳥栖プレミアム・アウトレットモール♪

みなさま、おはようございます。

昨日と気温差がございますので、体調管理に気を付けましょう!

本日は鳥栖市にあります
「鳥栖プレミアム・アウトレットモール」についてのご紹介でございます。
L3444520004760371.jpg



鳥栖プレミアム・アウトレットモールには洋服はもちろん、鞄や靴、生活雑貨など
様々なお店が出展されております。

さわやかな空気と明るい陽光が似合うカリフォルニア州南部の街をイメージした施設となっており、
九州を代表するアウトレットとして、国内外有名ブランドが多数出店しております。

また1月18日(金)〜1月27日(日)まで冬物最終プライスとなるプレミアム・アウトレット バーゲンを開催しており、
ウィンターイルミネーションで彩られておりますので
カップルや家族でお休みに行かれてみてはいかがでしょうか?



当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(^^♪
posted by 御船山楽園ホテル at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月13日

旬の海の幸〜♪

みなさま、おはようございます。

今日は今が旬の【牡蠣】についてご紹介したいと思います!

L3444520004252510.jpg



藤津郡太良町の冬の味覚を代表する竹崎カキは、
プリプリとしてボリューム満点と大好評でございます(^O^)

竹崎島沖の筏で養殖された、竹崎カキは有明海の豊富なプランクトンをエサとし、
大粒で焼いても身が縮みにくく、味が濃厚で甘みがあるのが特徴です。
国道207号線、『たらカキ焼海道』に並ぶカキ焼店にてカキ焼が満喫できます。
必需品は軍手と鉄ばさみ。
煙が来る方向をうまくよけながら座るのがこつ。

また、他にも新鮮な有明海の海の幸を取りそろえた海鮮バーベキューをやっているところもございます。
大きな袋にいっぱいに入ったカキは、お持ち帰り用もあるのでお土産にも最適です!(^^)!

みなさんもぜひ行ってみてはいかがでしょうか(^_-)-☆


ご宿泊・御船山楽園のお問い合わせは、
お気軽に御船山楽園ホテル
【0954-23−3131】までお願いいたします。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!(^^)!
posted by 御船山楽園ホテル at 08:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月12日

東馬窯初窯開き♪

みなさま、おはようございます。
武雄市あいにくの雨模様でございます(>_<)

本日は山内町にございます【東馬窯 初窯開き】のご紹介です!


50259477_2155509791173588_1840044301199867904_o.jpg


地元武雄市の天然原料を捜し歩き採取した原料を用い、陶土・木灰・藁灰・レモングラス灰・長石・焼物を作るのに欠かせない原料を全て手作されています。
武雄古唐津の技術を用い作陶に励んでいらっしゃいます。

1月12日(土)〜14日(祝・月)の期間、山内町の東馬窯の初窯開きが行われます(^O^)/

なんと‼先着100名様に左馬の器をプレゼント♪
また、おもてなしに肉団子スープを振舞われます!

是非、足をお運びください(^_-)-☆

【期間】
 1月12日(土)〜14日(祝・月) 10:00〜17:00

【場所】
 武雄市山内町鳥海21096番地1
  TEL 0954-45-3308


ご宿泊・御船山楽園のお問い合わせは、
お気軽に御船山楽園ホテル
【0954-23−3131】までお願いいたします。

皆様のお越しを心よりお待ち申し上げております!(^^)!
posted by 御船山楽園ホテル at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月08日

美味しい話♪

みなさま、おはようございます。

本日は、武雄市でも170年を越える老舗中の
老舗のお菓子屋さん 山里屋菓子老舗 さんの
和菓子をご紹介致します!!

〜【山里屋菓子老舗のらくがん】〜

49947133_2152065378184696_9156984637166190592_n.jpg


この紅白の らくがん『 茶の友』は、白の方
は中に白餡、紅の方は あずきのこし餡が入っています。

らくがんが苦手な方でも
『ここのらくがんは美味しい』
と言って買いに来られるそうです(^^♪

甘さ、塩加減も絶妙でお茶との相性が抜群です。

その他 今年の干支の入った和三盆糖など縁起物のお菓子もありますよ♪

ほっと一息の時間、和菓子をお供に如何でしょうか(^_-)-☆

【山里屋菓子老舗】9:00〜18:00
   武雄市武雄町大字武雄7345
TEL 0954-22-2059


当ホテルのご予約に関する不明な点やご宿泊の連絡などは
HPやお気軽に御船山楽園ホテル【0954-23-3131】まで
お問い合わせくださいませ!
皆様のご来館、心よりお待ち申し上げます(*^▽^*)


posted by 御船山楽園ホテル at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル

2019年01月07日

川古の大楠〜♪

皆さん、おはようございます!

本日は、佐賀県武雄市若木町にある「川古の大楠」について御紹介致します!

L3444520004756504.jpg



全国巨木第5位にランクし、樹齢3000年以上と言われ、国の天然記念物に指定されています。

樹高25m、幹回り21m、枝張りは東西・南北27m。本幹は空洞化し、稲荷の石碑が祀られています。

奈良時代には名僧行基が訪れ、大楠の一部に観音立像を刻み、その頭部には六臂観音をはめ込んだ

という伝説があります。現在は幹からはがれていた観音像も堂宇に祀られています。

また、川古の大楠公園内の「為朝館」には、地元の伝説である源為朝による黒髪山の大蛇退治を題材

としたカラクリ人形が設置され、地元の伝説(黒髪山の大蛇退治)をカラクリ人形の劇で紹介してい

ます。
皆さん、おはようございます!

本日は、佐賀県武雄市若木町にある「川古の大楠」について御紹介致します!

全国巨木第5位にランクし、樹齢3000年以上と言われ、国の天然記念物に指定されています。

樹高25m、幹回り21m、枝張りは東西・南北27m。本幹は空洞化し、稲荷の石碑が祀られています。

奈良時代には名僧行基が訪れ、大楠の一部に観音立像を刻み、その頭部には六臂観音をはめ込んだ

という伝説があります。現在は幹からはがれていた観音像も堂宇に祀られています。

また、川古の大楠公園内の「為朝館」には、地元の伝説である源為朝による黒髪山の大蛇退治を題材

としたカラクリ人形が設置され、地元の伝説(黒髪山の大蛇退治)をカラクリ人形の劇で紹介してい

ます。

武雄にお越しの際は、是非ご覧下さいませ!

所在地 武雄市若木町大字川古7843
  TEL 0954-26-2920  
武雄にお越しの際は、是非ご覧下さいませ!

所在地 武雄市若木町大字川古7843
  TEL 0954-26-2920  
posted by 御船山楽園ホテル at 09:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル