2019年08月05日

祐徳稲荷神社

みなさま、おはようございます。
https://blog.sakura.ne.jp/cms/asset_proxy/a/mifuneyama.sakura.ne.jp/sblo_files/mifuneyama/image/E38198E38283E38289E38293-54fef-thumbnail2.jpg?1564967555609

本日は、鹿島市にございます『祐徳稲荷神社』のご紹介でございます。

伏見稲荷と笠間稲荷とともに日本三大稲荷に数えられる神社。
地元では「祐徳(ゆうとく)さん」の愛称で親しまれています。
貞享4(1687)年創建。
鹿島藩主鍋島直朝(なおとも)の夫人花山院萬子姫が京都から輿入れする際、京都御所内の花山院邸に鎮座する稲荷大神から分霊したものです。
木々の緑に映える建物の鮮やかな朱色が印象的で、神殿、拝殿、楼門など主要建物は総漆塗り。
石壁山を背後にして本殿がたち、山裾の広い境内には楼門、神楽殿が立っています。
その美しさから「鎮西日光」とも呼ばれています。
衣食住の祖神と仰がれ、五穀豊穣、商売繁盛、家運繁栄、大漁満足、交通安全などの守護神として信仰があつく、参詣者は年間280万人。

外苑の東山公園はツツジの名所。
シーズンには5万本のツツジの美しい花があふれます。
隣接する祐徳博物館には、祐徳稲荷神社の宝物などをおさめるほか、鹿島錦の作品、歴代鹿島藩主の鎧、刀、美術品などを展示しています。

当ホテルよりお車で40分ほどの場所にございます。
posted by 御船山楽園ホテル at 10:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186373142

この記事へのトラックバック