2018年09月19日

かっぱの誓文石♪

みなさま、おはようございます。

日中もだいぶ過ごしやすくなってまいりました(^_^)

橘町潮見川堤防近くに近年作られた河童の石造物が何体も置いてあります。
その周りには向日葵が見頃を迎えています(*^▽^*)

41880597_1978872978837271_6199855295447957504_n.jpg



〜河童の誓文石にまつわる伝説を少しだけ〜

潮見神社の河童伝説は奈良時代まで遡ります。

奈良時代に、橘諸兄の孫に島田麿という人がおり、春日大明神を常陸国鹿島から奈良に移す大工事を命令されました。工事がなかなか進まずに困っていたときに、大工の棟梁が99体の人形を作ってまじないをしたところ、この人形が少年の姿に変わって工事を手伝いました。
その働きぶりはとても人間わざとは思えないほどでした。工事が無事に終わったので、子供たちを人形に戻して川に捨てたところ、この人形が暴れて人や家畜に害を与えました。
そこで、島田麿が河童が暴れるのをやめるように言い回るとしばらくは河童たちもおとなしくなしました。けれども、橘氏が長島荘に下向したとき河童たちも従ってきて潮見川に住むようになると、また暴れだしました。
そこで、神主と河童が「石に花が咲くまではおとなしくする」と誓文を交わしたという伝説です。


ホテルよりお車で20分ほどの場所にございます。御宿泊の際は足を運んでみてはいかがでしょうか(^^♪


ご宿泊につきましては、どうぞお気軽に御船山楽園ホテル 
お電話【0954-23-3131】までお問い合わせくださいませ。

みなさまのご予約を心よりお待ち致しております(^_-)-☆








その周りには向日葵🌻が見頃を迎えています❗⠀ ⠀
posted by 御船山楽園ホテル at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184461873

この記事へのトラックバック