2018年08月11日

飛龍窯(武雄市)♪

みなさま、こんにちは。

飛龍窯(ひりゅうがま)は、武雄のやきもの発祥の地である武雄市武内町黒牟田地区の竹古場キルンの森公園内にあります。
昭和20年代はじめまで使われていた登り窯を参考に建設され、全長23m、一度に12万個の湯飲みを焼成することができる巨大な登り窯です。
同公園内には、電気ロクロ、電気窯、ガス窯ほかを備えた工房があり、ろくろや楽焼の体験ができます。

「夏休み陶芸教室 in 飛龍窯」を開催。


36512436_3356643977694983_8707562544962732032_n.jpg

陶器でランプシェードや植木鉢カバーの大きな作品を作ることができます。

お子様の夏休みの自由工作に今夏の思い出に作ってみませんか。

日時: 平成30年7月21日(土)〜8月12日(日)※土日のみ開催     

午前の部10:00〜12:00 / 午後の部14:00〜16:00     

7月21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)

    8月4日(土)、5日(日)、11日(土)、12日(日)    

定員: 各部20名

参加料:ランプシェード3000円、植木鉢カバー2500円 (釉薬・焼成代、税込、送料別)  

※完成までに1ヶ月前後かかります。

申込み:体験時間は2時間程度です。体験日の1週間前までに電話にてお申込みください。

お問合せ:竹古場キルンの森公園 飛龍窯工房      

(武雄市武内町大字真手野24001-1)

電話 0954-27-3383(9:00〜17:00)


ご宿泊につきましては、どうぞお気軽に御船山楽園ホテル 
お電話【0954-23-3131】までお問い合わせくださいませ。

みなさまのご予約を心よりお待ち致しております(*^▽^*)


posted by 御船山楽園ホテル at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 御船山楽園ホテル
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184147879

この記事へのトラックバック